戻る / Previous page

  • Featured

Climate Change Biology
クライメット・チェンジ・バイオロジー(気候変動生物学)

Climate Change Biology クライメット・チェンジ・バイオロジー(気候変動生物学)
Author
Newman, Jonathan A./ Gedalof, Ze'ev/ Hunt, Shelley L./ Anand, Madhur/ Henry, Hugh A. L. 
Publisher
CAB International 
Publication Date
Aug, 2011 
ISBN
1845937481 or 9781845937485
HARDCOVER 
288 Pages
出版済み 3-5週間でお届けいたします。
The delivery time takes 3 to 5 weeks

¥ 12,486 (tax included)

Description

気候変動問題がグローバルサミットの最重要議題となる今、本書『Climate Change Biology』は、気候変動が地球上の生物、特に人類に及ぼす影響を扱った初の主要なテキストブックです。
3章からなり、まず第1章では、気候変動を示す広い範囲の物理的証拠と、その未来を予測する様々なモデリング結果に触れます。
続いて第2章では、気候変動がもたらし得る影響を研究する方法が議論され、個々の生理学から人口や生態系、さらに適応と進化といった生物学的反応が考察されます。 最終章では、気候変動が、天然資源、とりわけ人類の暮らしに直接関わる資源の影響を検証しています

対象:
本書は簡潔な概観を与えると同時に、気候変動の影響について学習する大学生、大学院課程に役立つ文献です。

Contents

第1章 気候変動の生物学的影響を研究するための予備知識
1. 見通しを立てる : パレオレコードと気候復元
2. 未来の気候の影響力 : IPCCシナリオに基づくアプローチ
3. 未来の気候予測
4. 気候変動の影響を研究する方法

第2章 生物学的反応のレベル
5. 気候変動への生理的反応
6. 時と地域おける人口変動
7. 共同体の構成と力学
8. 生態系の反応
9. 進化的反応

第3章 天然資源への影響
10. 土壌反応
11. 森林生産力の未来
12. 農業生産の未来
14. 生物の多様性への影響
15. 今後の挑戦と限界と可能性

送料無料にてお届け

ご注文商品は海外からのお取り寄せのため,納期は3~5週間程頂きます。入荷の遅延,出版延期など納期に遅れが見込まれる場合はメールにてお知らせ致します

公費/校費/社費でのお支払い

ご注文の際,お支払方法を選択して頂く画面が表示されますので,「公費/校費/社費」をお選び頂き必要書類をご指定下さい。公費/校費/社費の場合でも、HP掲載価格で承ります。

書籍が見つからない場合

お問い合わせメールより書籍のタイトルや ISBNなど、お手持ちの情報をお知らせ下さい。お見積り、ご注文を承ります。

SSL グローバルサインのサイトシール